« 福智山を山歩です。 | メイン | 三郡山を山歩です。 »

2014年9月 4日 (木)

戸谷ケ岳を山歩です。

2014/8/30(土)sun
戸谷が岳 奥焼野701.9m

6月に訪れた山で前回ははっきりとした登山ルートのあるコースを
本峰~三角点のある奥焼野を戸谷が岳林道登山口からピストン
山歩でした。

今回は縁あって再び訪れました。縁とは戸谷が岳林道沿いにある
リンゴ園にリンゴ収獲の予定です。
山歩を外す手はありません山も楽しみます。

前回の帰路に林道沿いにある旧道取り付点を飯塚六四会氏の資料で
確認していたので難なく本日の登山口に到着した。

取り付きに
問題無く入山でしたが、すぐに沢筋が左右に分岐し、目立つ
赤テープが右の沢筋あり目印に誘われます。
左の沢筋も気にはなりましたがままよと荒れた沢沿いに登ります。

間もなく赤テープは沢筋から離れて右側山肌斜面からさらに上の方に
向かっています、それも多分上部尾根筋へ向かうだろうと推測しますが
奥焼野方向とは離れますので、無視して苔むした倒木が折り重なる
荒れ放題の沢筋をかみさん共々難儀しながら登ります。
取りあえず前方上部の明るく陽光が射す木立を目指して登り詰めます。

息を切らして杉木立の尾根に上がり着きます。
尾根上に沿って作業道(林道)が延びてきています。
奥焼野に通じる主尾根上とすぐに判明です。
本来の旧道の到達地点より東側に300mほどの地点に上がった様です。

取り付きの沢は左側が本来の旧道だったようです。

なにはともあれ奥焼野に立って下山は西側谷筋へ向かいます。
ところどころにあるマーキングや薄い踏み跡を確認しながら
杉林の谷間をひたすら下降して戸谷ヶ岳林道に下りつきます。
ここでも本来の旧道を多少外れたようです。


本日取り付いた駐車地まで戻って泥んこだらけの足回り沢水で洗い
洗い流して昼食です。その後リンゴ園まで車を走らせます。



今日は山寸景よりこれになりました↓

青空にたわわに実った「つがる」

Sp8302578


収獲sign03 収獲sign03 happy01

Sp8302582

 

 

Sp83025598:42
戸谷が岳林道起点
R211から入って来ました。



 

Sp8302560_29:20
取り付き点
ガードレールの端から
下ります。
最近の雨の影響でしょうか
それとも常時でしょうか湖になっています。
山側を高巻きして沢筋へ
下ります。



 

 

 

Sp83025619:30
沢筋に下りると
沢は左右あります。
どっち?でしたが
足元の赤テープに
この右側の沢筋に向
かいます。




 

 

 

Sp830256310:00
沢源頭部付近
沢末端部からこの状態
です。この辺まで来ると
水流は消えています。
上部が明るく抜けて
います。
取りあえずあそこまで
目指します。



 

 

 

Sp830256410:25~30
陽射しの尾根上に
上がり着きました。
疲れました。
一服!一服!です。



Sp830256610:35
微かに判別可です。
本来の旧道はここに
ここに上がり着くようです。



 

 

 

 

 

Sp830256810:40~50
三角点のある奥焼野
701.9m



 

 

Sp8302570

10:51
奥焼野から西側
谷間に下降します。



 

 

 

Sp8302571

 時々振り返りながら
谷間を下ります。



 

 

 

Sp830257211:05
薄い踏み跡も残っています。そのうち無くなり谷筋
を一直線に下ります。



Sp830257511:21
林道に下りつきます。



Sp8302576

飛び出し地点を振り返り
パチリです。



 

 

 

 

Sp830257711:23
駐車地まで戻ります。
この先で本来の旧道
進入地点の赤ペンキの
岩を確認です。



久しぶり好天の山歩を楽しみました。

 P地点まで戻って本日の山歩終了です。
後はリンゴの収獲を楽しみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のコメント

Powered by Six Apart

こっちも桜ん坊山歩物語