« 戸谷ケ岳を山歩です。 | メイン | 2014 北ア 燕岳(つばくろだけ)~餓鬼岳(がきだけ)1日目移動日 »

2014年9月 5日 (金)

三郡山を山歩です。

14/8/31(日)sun
三郡山936m~頭巾山901m

三郡名の通り旧三郡(糟屋・筑紫・嘉穂)現在は宇美町、筑穂町、筑紫野市の
境界に位置する山です

久しぶりに昭和の森から欅谷(ツキタニ)のどん詰まりから三郡山へ
向かいます。
三郡山には山の反対側になる筑穂町方面からここ数年に何度か
来ている。
昭和の森起点からだと宝満山に登った時などに三郡山まで足を延ばす
事はあるが、直接三郡山に向かうのは幾久しくの感じだ。
10年振りかもです。

強烈に記憶に残っているのは集中豪雨で宝満山へ向かう河原谷(ごうらたに)
や今日向かう欅谷(つきたに)一帯の林道や河川が大崩壊した事があり
数年の間は立ち入り禁止になっていたと思う。

てな訳で今日は久方ぶりであり、懐かしくもあり楽しみな山歩です。

昭和の森キャンプ場付近は夏休み最後の日曜日そして久しぶりの
晴れときて多くの家族連れがでキャンプの様子であちこちで朝餉の
準備中であった。

欅谷の林道は頭巾山登山口から先は車両通行止めとなっている。

欅谷の三郡山登山口周辺も様変わりして昔の面影はない、
登山道も記憶が薄れているせいもあるがまるで初めて歩く
感覚だった。

三郡山山頂は白い濃霧が行き来して山頂に鎮座する航空監視
レーダードームの球形が白く霞んで見えた。
新旧入れ替えの為か新しくドームが建設されていた。

休憩中続々と登山者がやって来て山頂は賑わいます。
その続々の中に5~6人のグループが山友の一団だった。
お互いに驚きの笑顔で声を掛け合う。

山で遭遇する事等滅多に無いことだが今日のような事も起ります。
数年前は北アルプスの剣岳山頂で遭遇した時は奇跡的な出会いだった。

お互いに近況報告等など山談義に花が咲きます。

そこそこにお暇をして山頂で別れます。

山頂からの帰路は往路を戻らずに宝満山へ向かう縦走路から
出発点に最短となる頭巾山に立ち寄り下山します。



秋風情をパチリ2っです。
欅谷にて
ススキ

Sp8312603


クサギ<臭木>(クマツヅラ科)の花 
 花は芳香ですが・・・名の通り葉や枝をちぎると臭気がする。

Sp8312596

Sp83125858:16
昭和の森
キャンプ場の駐車場
この時間というのに
上の段は満車です。
昨日からのCP利用
客の車でしょう。



 

 

Sp83125908:22
キャンプ場の一角にある
案内標識三郡山へ向かいます。



Sp83125938:29
欅谷方面は通行止め
のチエーンです。



Sp83125998:51
林道
落石等みられましたが
道路崩壊など無く
車でも通行出来そう?



Sp8312608

8:58
林道三叉路
はてどっち?
案内探すけどなし
一応右に進みます。

 

 

 

右へ行って30分近く時間
ロスでした。




Sp83126079:05
三叉路を右進んで来ると
林道はすぐに突き当りとなるが林の中に踏み跡も見え小枝に赤テープもあり暗い
林の中へ歩を進めます。



 

 

Sp83126049:10
中に進むと杉林となり
しっかりした
踏み跡が付いています。
さらに奥へ進みます。



 

Sp8312605

9:16
道は不明瞭となり
引き返す。



Sp83126099:30
再び三叉路に引き換え
し左へ進むと標識あり
三叉路から50mくらい
のところ林道右端です。

ちょっと遊びすぎた
先を急ごう!



 

 

Sp8312611

 9:38
三郡山Bコース登山口
昔はここに東屋があった
と記憶しているが・・・?
林道はまだ先に延びている
記憶が正しければ数分で終点となり登山道に導かれる
案内にあるAコースだろう。



 

Sp8312610延びている林道方向
はAコースとある。
今回はBコースのここ
から入山とする。
三郡山頂に近い筈だ。



 

 

 

Sp83126129:40
すぐに木段現る
この黒い丸太階段は記憶
している。



 

 

 

Sp83126139:46
予期せぬ林道に出会うが
どっち?である。
道標は無し。
上っている左へ行ってみるが数メートル先で舗装は切れて草むらになっていた。
ここから右に下ると↓



 

Sp83126169:47
登山道の続きはここから
だ。林道出会に道標があったが草むらに倒れていた。
初めての下山者はここに
出会ってどっち?だろうと立ち止まるだろう。
下山中だったら林道を下るだろう。実際は上ると登山道がわかる。



Sp831262410:39
1時間近くバラエティー
に富んだ登山道を登行
して来ました。
大岩の上へよいしょ!と
上がります。



Sp831262510:43
縦走路に合流かと喜び
ますが・・・
残念支尾根でした
主尾根まではもうひと登り
です。




 



  

Sp831262710:57~11:00
主尾根に登り着き
ました。
縦走路です、案内板が
賑々しいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

Sp831262811:10
山頂一角にある
航空監視レーダーの
関連施設。



Sp8312632

11:10~12:00
三郡山山頂
航空監視レーダー
ドーム
新しいレーダードーム
が建設中。



Sp8312633

既に一基は完成していた。

Sp8312634山頂標識



 

 

 

Sp831263012:00
山頂気温24℃
山友と別れて宝満山方面
へ向かいます。



 

 

Sp831263512:18
縦走路を進みます。



 

 

 

Sp831263612:26
分岐
頭巾山へ向かいます。



Sp831263712:26
頭巾山山頂
下山路の通過点です。



Sp8312638頭巾山頂気温
17℃
三郡山より7℃も下がって
います。



Sp831264013:10
急降下が続きましたが
少し落ち着いて来たみたい
です。



Sp831264113:33
今朝通過した頭巾山
登山口へ下りました。
下山中登って来る登山者に
5人ほどすれ違いました。

帰路の所用に丁度いい時間に下山できます。

 

 

 

 

  

周辺のせせらぎの木立の中は隙間が無いほど大勢の家族連れのデイキャンプ
で賑わっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のコメント

Powered by Six Apart

こっちも桜ん坊山歩物語